076-261-2335

みひらRクリニックのご紹介


根本原因にアプローチして、“痛み”に悩む人々を支えたい

武 佳輝

理学療法士

私が理学療法士になろうと思ったのは、高校時代の野球部の専属トレーナーさんの存在が大きいです。「肩が痛いけど試合に出たい」という部員がいれば、テーピングで痛みを取り除いて後押しする。グラウンドの外では食事やトレーニングのアドバイスをする。そんな頼れる姿に憧れました。

私自身は新卒で当院に勤めてまだ2カ月ですが、理学療法士のフィールドは想像通り、いや想像以上に奥が深いです。たとえば「膝が痛い」といっても原因はさまざまで、生活環境や姿勢のクセに大きな影響を受けます。まずは今ある痛みを取り除くこと。その上で患者さんの話に耳を傾け、姿勢や歩き方を見るなどして根本原因を突き止め、再発防止につなげていく必要があります。当院では経験豊富な先輩方も日々勉強を欠かしませんから、新人である自分はなおさら奮起しています。

この仕事を志したきっかけでもあるスポーツ選手のケアについても、痛みに対処する技術に加え、ケガ予防や栄養面を含めた長期的なサポートを担える力をつけたいと思っています。


アスリートを支えてきたノウハウをすべての人びとの健康のために。
理念を実現するスタッフの想い

吉田 和彦

“足元”から生涯現役、生涯健脚を支える

吉田 和彦

吉田 康史

一人ひとりにベストのリハビリを

吉田 康史

柏崎 泰宏

心の“3R”も担う理学療法士に

柏崎 泰宏

宮下 崇史

医師とタッグを組んで、運動器の健康を守る

宮下 崇史

理学療法士

武 佳輝

根本原因にアプローチして、“痛み”に悩む人々を支えたい

武 佳輝

理学療法士