スリッパはどこへいったのか?


当院では2019年6月より、玄関での院内スリッパへの履き換えを中止し、外履き靴のまま院内にお入りいただく形へと、院内の履き物のスタイルを変更致しました。

その理由は?

この変更の理由の一つは、靴の取り違えを未然に防止するためです。

お帰りの際に、ご自分の靴と他人の靴を取り違いされたまま、ご帰宅されてしまう事例がこれまでに何度かありました。

スリッパへの履き換えをなくすことで、この間違いを未然に防止することが変更の理由の一つです。


もう一つの理由は、患者様の安全と健康に配慮させていただく観点からです。

スリッパ自体は便利な履き物ですが、踵が固定されていないため接地が不安定になり、床面で滑ったり、つまずいたりするリスクが通常の靴に比べ高まります。

加えて、筋力やバランス感覚が低下している高齢の方ですと、転倒から怪我へと繋がる可能性も高くなります。

足元から健康を考えるために

自分の足にフィットした靴は、身体の一部として体の運動機能を高めることが出来ます。

しっかり靴をはいて立つ、歩くという行為を意識していただくことで、足元からご自身の健康を見つめ直すきっかけにして頂きたい、という当院の思いも、院内靴履きに変更した大きな理由の一つです。

清掃面にも配慮しています

当院では、玄関マットの設置や清掃をこまめに実施することで、外履き靴による汚れや衛生上の不具合が生じないよう配慮しております。

また、雨天時の水滴についても、モップでフロアの拭き取りを細かく行うよう心掛けておりますので、安心してご利用下さい。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ 

「 足元から患者様の健康を支える 」 金沢市の整形外科は、笠舞3丁目の

みひらRクリニック をご利用下さい。


この記事のキーワード

この記事が役立ちそうな方がいたら教えてあげてくださいね。