最近、日本各地で熱中症で倒れたりするだけではなく亡くなる人も出ていますね。
水分補給は、皆さん出来ていますか?

部活動を見に行くと水分補給を摂取する子、ガブガブ摂取する子、摂取が少ない子、いろんな摂取の仕方をしています。

最近では、OS1って飲料水が売られているのもよく見かけますよね。
さて、今回は水分補給についてお話しします。

アスリートの水分量

試合前

  • 練習前や試合前後の汗で失う同程度の水分補給が必要です。
  • 水分吸収の速度を考慮すると運動の約1〜2時間前に250〜500ml(ペットボトルの半分〜一本)程度の水分を摂取。
  • 運動前の水分はアイソトニック飲料のポカリスエットやアクエリアス、アミノバリュー、VAAM、アミノサプリなどが疲労予防や水分補給の点で優れています。

試合中

  • 競技中は1時間毎に200ml(コップ1杯半)ずつをこまめに摂取する。
  • 運動時には、体液とほぼ同じ等張液であるハイポトニック飲料のポカリスエットのイオンウォーター、ヴァームウォーター、スーパーH2Oなどが胃の通過速度が速く適している。

試合後や合間

エネルギー補給系のエネルゲンなどの飲料物やウィダーinゼリー、エネルギーイン、アミノバイタルゼリードリンク、VAAMゼリー、SAVASゼリーなどが適しています。

アスリートの人は、一般の人以上に注意が必要です。
では、 スポーツをしない日常生活においてはどうするべきか?

日常生活における水分補給の注意点


  • 喉が乾く前に水分を摂取する
  • 高齢者の方は、温度や喉の渇きに鈍くなっているため1時間や30分にコップ一杯でも摂取するなど心がける
  • 尿の色をチェックする

尿の色は、チャートをご覧ください。
色が濃いほど摂取量が少ないため、注意が必要です。

経口補水液OS1



この、飲料水はご存知ですか?
よく、ドラッグストア等で販売されていますよね。

皆さん、どんな時に飲めば良いかご存知ですか?
ボトル等に、摂取のタイミングや量が表示しています。


  • 軽度〜中等度の脱水状態時に補給する
  • オーエスワンの1日の摂取目安量は右図を参考に脱水状態に合わせて補給
  • 薄めたり、何かに混ぜたりすると電解質と糖分のバランスが崩れ、吸収速度にも影響が出るのでそのまま補給してください
  • 高血圧や腎臓病、糖尿病の方は、オーエスワンにはナトリウムとカリウムが比較的多く含まれており、また100mLあたりブドウ糖が1.8g含まれていますので、食事指導を受けている方は、かかりつけの医師にご相談ください。

まだまだ暑い夏が続きますので、熱中症にならないように水分補給だけではなく室内であれば温度・湿度にも十分ご注意ください。