ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアについて


椎間板は、椎体と椎体の間にあり、腰にかかる負担をやわらげ円滑な動きを保つ役目をしています。中心にある軟骨性の髄核を線維輪という壁が取り囲み髄核を守っています。例えば、中腰で重いものを持つと何トンもの力が髄核に加わります。線維輪がしっかりしていると、髄核は中央で安定します。しかし小さな亀裂があると、その亀裂を通って髄核が後方に逸脱し後方にある脊髄神経を圧迫して下肢の痛みが生じます。つまり坐骨神経痛です。

症状の多くは腰の痛みで始まり、それが落ち着いた後に坐骨神経痛が出現するパターンです。痛みはお尻から太腿の後ろ側、ふくらはぎに走ることが多く、時には痺れを伴うこともあります。
痛みは中腰や重いものを持ったり、椎間板に負担のかかる動作で強くなります。

診断にはMRI検査がもっとも勧められます。
治療は、1)安静、横になって休む 2)痛み止めの服用 3)腰の牽引や電気治療 4)神経ブロック注射などです。
手術を思い浮かべる方が多いと思いますが、ヘルニアの90%は手術治療なしで治るとされています。まずは手術以外の治療を試みましょう。