脊柱管狭窄

腰部脊柱管狭窄症とは

脊髄を保護している脊柱管が、年齢を重ねるに従い狭くなることがあります。脊柱管を形成している、椎間板の膨隆や後方の椎間関節が大きくなったり、後方で支えている靭帯が肥厚して脊髄神経を圧迫するのです。椎間板ヘルニアに比べて、高齢者に多く特徴的な症状が現れます。

それは、間欠性跛行といいます。長時間の立位や歩行を続けていると、腰から臀部下肢にかけて痛みや痺れが強くなり、休まなければならなくなる症状です。休むと痛みや痺れは軽くなり、また歩くことができます。でも歩いていると再び下肢の痛みや痺れで休みたくなります。動脈の流れが悪くなる病気でも間欠性跛行が見られますが、腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行の特徴は、腰を前に屈めて歩くと、下肢の痛みやしびれが楽になることが多いです。また、自転車を漕ぐことは全く苦にならないことが多いです。

診断は、この特徴的な症状と丁寧な診察、MRIなどの検査を併せて行われます。治療は、狭くなった脊柱管を広げるしか方法はないように思われますが、統計では、多くの患者様は手術以外の治療で改善します。動脈の流れを改善するお薬や神経に直接働くお薬を服用すること、ときに神経ブロック注射、更に腰部周囲の体幹筋を鍛えるリハビリテーションが有効です。これらの治療を行っても、間欠性跛行が改善しない場合に、はじめて手術という手段を検討します。

間欠性跛行という症状に思い当たる方は、ぜひ、みひらRクリニックにご相談ください。
まず、手術以外の治療法をご一緒に考えましょう。