腰が痛い

人が二本足で立つことを始めてから、腰痛は人類の宿命となりました。
身体の不調のうち、腰痛は男性にとって第一位、女性にとって第二位となるほどです。それほど腰痛は身近なものです。

最近、マスコミでもとりあげられている、「腰痛は原因不明なものが多い」という言葉が独り歩きしている感があります。山口大学の調査によると原因不明の腰痛は、全体の20%にすぎないそうです。この原因不明の腰痛を、非特異性腰痛と呼ぶのですが、私はこの腰痛の多くに日常生活動作での姿勢といった生活習慣が関係すると考えています。

腰痛の原因は、腰を形成している、1)椎間板2)椎間関節3)椎体4)筋・筋膜5)仙腸関節などに問題が生じて起きることが多いのです。
よく知られたものとしては、若い人に多い椎間板ヘルニアや中高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症があります。それぞれの詳細については、別ページで述べます。

また、腰痛の中には、危険な腰痛というものがあります。レッドフラッグ腰痛です。
がんの脊椎転移、化膿性脊椎炎(細菌感染)、椎体圧迫骨折といったものです。
多くの腰痛は、安静にすると痛みが軽くなるのですが、レッドフラッグ腰痛では痛みが持続します。また体重減少や発熱といった全身的な症状も顕れてきます。早期に整形外科診療所で診察を受けて頂くことをお勧めします

みひらRクリニックでは、腰痛の患者様に丁寧な診察を行い、原因究明と治療を行っています。
具体的には、レントゲン写真・エコー・MRIを駆使した診断、理学療法士による姿勢指導や腰痛予防体操指導、筋筋膜痛には、エコー下筋膜リリース注射、椎間関節性の腰痛には椎間関節ブロックなどを行っています。