本日は下前腸骨棘より起始する大腿直筋とiliocapsularisの長軸画像を紹介致します。
今回はコンベックスプローブを使用しました。
まず短軸にて大腿骨頭レベルで大腿直筋を描出します。
短軸にて大腿直筋を同定しながら、下前腸骨棘、大腿直筋が描出されるようにプローブを長軸走査しました。
下前腸骨棘より起始する大腿直筋と深層に位置するiliocapsularis、腸骨大腿靭帯が確認できます。



本日は大腿動静脈の超音波画像を紹介致します。
大腿静脈の深層に恥骨筋が位置します。
恥骨筋の深層に外閉鎖筋、恥骨筋の内側かつ腹側に長内転筋が位置しています。



本日は小胸筋の短軸の超音波画像を紹介致します。
筋腹の中央付近で小胸筋に対して短軸にてプローブを当てます(①)。
遠位にいくにつれて、筋厚が薄くなり、腱(高エコー)に移行します(②、③)
④は烏口突起に付着していく小胸筋腱の短軸画像になります。



本日は膝屈曲時の腓腹筋内側頭の動態を観察した超音波画像を紹介致します。
腹臥位にて膝軽度屈曲位で大腿骨遠位にて腓腹筋内側頭に対して短軸でプローブを当てました。その状態から膝を屈曲していくと、腓腹筋内側頭が内側へ移動する動態が観察できました。画像では、軽度屈曲位と約100°屈曲した状態のものを添付しています。



本日は前下脛腓靭帯の超音波画像を紹介致します。
腓骨遠位に対して短軸にてプローブを当てます。
腓骨を描出したまま、脛骨を描出し、靭帯の長軸が鮮明にうつるように走査します。
靭帯が前額面に対して水平に走行していないため、軽度斜めに走行している解剖学的知識を理解してプローブ走査する必要があります。