以前のブログ記事 >> 子どもの成長痛とスポーツ障害の違い では、原因の分からないお子さんの脚(下肢)の痛みについてご説明しましたが、今回からは「成長期のスポーツ障害」として、お子さんの成長期に生じ易い整形外科疾患をいくつか紹介していきたいと思います。


第1回目は、膝の痛みとしてよく例のある「オスグッド病」について説明させていただきます。

オスグッド病とは

オスグッド・シュラッター病(Osgood-Schlatter disease)は、膝のお皿の下あたりの脛骨粗面という部分が突出してきて、痛みを生じる疾患です。

お子さんの成長期(小学校高学年から中学生)に多い疾患ですが、バスケットボールやバレーボールなどジャンプを繰り返す競技やボールをキックする動作を繰り返すサッカーなどをする子どもに多く発症しやすい傾向があります。

その原因

成長期の子どもは筋肉に比べ骨格がまだ未成熟のため、大腿四頭筋などの強い牽引力が脛骨粗面へ繰り返しかかることで、膝下部分に過剰な負荷が生じてこの疾患を発症します。

患部のレントゲンを撮影すると、脛骨粗面の突出や脛骨付着部の骨端軟骨の部分的な剥離が認められます。

治療法について

成長期の一過性の症状ですので、一定期間ハードな運動を控えて患部の安静を優先させれば症状は軽快します。

炎症の進行を抑えるために、アイシングや電気治療などの物理療法を行ったり、湿布などを貼付する方法があります。

また、症状の進行を防ぐことと以降の予防のために、ストレッチを継続的に行い大腿四頭筋の柔軟性を向上させる必要があります。


スポーツへの復帰については、安静期間(数か月)については無理せず痛みを生じない強度で運動を行い、膝のサポーターなどで患部を補助しながら症状が強くならないように気をつけて行って下さい。

痛みが強い場合や長引く場合には、理学療法士によるリハビリテーションをお勧めすることもありますので、医師による整形外科診察を受診するようにして下さい。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

膝の痛みにも原因がいろいろと考えられます。
オスグッド病?膝蓋腱炎?靭帯損傷?半月板損傷?まずは原因を特定する必要があります。

金沢市の整形外科・みひらRクリニックでは成長期のスポーツ障害のご相談も承ります。


本日は膝窩筋腱周囲に血流集積を認めた症例の超音波画像を紹介致します。
ランニング時の転倒より受傷され、外側側副靭帯及び外側半月板の損傷が疑われました。
しかしそれらの組織に損傷所見はなく、膝窩筋腱に圧痛を認め、かつ周囲に血流集積を認めました。
膝窩筋腱は大腿骨膝窩筋腱溝を通り、腓骨側副靭帯の深層を通過します。
疼痛原因や損傷組織の鑑別が重要です。



本日は橈骨骨幹部骨折症例の超音波画像を紹介致します。
骨折部の短軸画像及び健側の短軸画像を添付します。
患側では橈骨の骨不連続性を認め、かつ骨のすぐ浅層の長母指屈筋が高エコー像を呈しています。健側ではこの高エコー像は見られません。
長母指屈筋の長軸画像も添付致します。
また、母指屈曲時に筋肉の動きが少なく、特に深層(骨側)の筋線維の動きが乏しい状態でした。
また徒手にて他動的に水平面上で動かしてみても、健側と比較して長母指屈筋の移動や滑走は乏しい状態でした。



本日は円回内筋の筋内腱周囲に低エコーを認めた症例(肉離れ)の超音波画像を紹介致します。
症例は中学生で、スポーツは野球をしており、投球時に疼痛を認めました。
また円回内筋に圧痛を認め、その部位は筋内腱から筋が剥離しているような低エコー像を観察できました(様々な角度で観察はしており、一枚を添付しております)。
テーピングと圧迫目的でサポーターを実施しました。
2週後に再度検査すると、まだ低エコー像を認める部分がありますが、縮小していました。
また圧痛の強さも軽減していました。



本日は腰痛患者の腰椎椎間関節の超音波画像を紹介致します。
伸展時に左側の腰痛を認める症例で、左L4/5の椎間関節に圧痛を認めました。
右側の同レベルには圧痛は認めませんでした。
椎間関節の超音波画像を撮影すると、圧痛のある左の椎間関節(L4下関節突起とL5上関節突起間)に水腫貯留のような所見を認めました。
右側よりも裂隙も開大しているように見えます。
エコーガイド下の触診でも、圧痛を確認できました。