明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

新年早々、私は手首が痛いです…
思い当たることは、ん~。

雪かき?仕事のし過ぎ?
ドアを開ける時、モノを持つ時
専門用語では、掌屈・背屈・尺屈・回内・回外
私の症状は、こんな感じですね。

おそらくTFCC損傷ですかね。
ってことで、TFCC損傷について説明します。

TFCCとは

TFCCとは三角線維軟骨複合体の事を言います。
その部分には、尺骨三角骨靭帯・尺骨月状骨靭帯・掌側橈尺骨靭帯・背側橈尺骨靭帯・尺側側副靭帯・三角靭帯・三角線維軟骨(関節円板)が加わったものです。

靭帯による手首の動きと関節円板による衝撃のクッションの役割をしています。

原因

  • 加齢
  • 解剖学的に尺骨が長い
  • 外力によるもの

スポーツで当院に来られるTFCC損傷はテニスやバレーボールが多い感じですね。

症状

小指側の痛みが特徴ですね。また、圧痛手首をひねる動作スポーツでボールが当たったときに痛みが生じやすいです。
あと手を床などについて荷重した時ですかね。
私の症状と一緒ですよね・・・。

診断

レントゲンでは、靭帯は分からないためMRI検査が必要となります。
それ以外の簡易的な判断は、尺屈テスト・shake hand test・回外テスト

治療法

手術と保存療法の2種類があります。
保存療法に関して言うと、サポーターやテーピングで固定します。

今回、私は炎症が強く痛みが強かったため注射をしました。
「注射は痛いですが、ずっと痛いよりましです (笑)」
でも、注射すると楽でした。

手首の痛みにお困りの方は、診察にいらしてください。

良いシューズサイトがあったのでこちらもご覧ください。
smile from feet


クリスマスは、みなさんいかがお過ごしでしたか?

クリスマスプレゼントは、貰いましたか⁉️

私は、貰いました❗️
プレゼントでは、ないですけどね…

これですっ❗️❗️



水彩画?だったかなぁ…
患者様から送られて来ました。

上手いですよね^ ^
私は、美術的センスが壊滅的にないので描けません 笑

あ、これの元となった写真は、こちらです。



フィンランドのオーロラです^ ^

昨年、旅行に行って撮ってきたものです。
写真も良いですが、水彩画で描いたものは温かみがありますよね。

年末年始は、大掃除などで大変かと思います。
皆さまもどうぞ、お身体を大事になさって、良いお年をお迎えください^ ^



今年も年の瀬が迫ってきましたね。

最近、勤務していても患者様から「もう1年か!」「歳をとるごとに1年が早く感じる」「あんたらも年とれば1年なんてあっというまや」
などなど・・・
よく聞きます。

確かに、10代の頃に比べれば1年が早く感じます。

なんででしょうかね?
その謎についてお話します。

ジャネの法則

フランスの哲学者ポール・ジャネは、「主観的に記憶される年月の長さは、年少者にはより長く、年長者にはより短く評価される」との法則を発案しました。

簡単に説明すると・・・
50歳の人間にとって1年間の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとって5分の1に相当する。

よって・・・
50歳の人間にとっての10年間は、5歳の人間にとっての1年間にあたり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日にあたる
ということになります。

1年の比率以外にも理由はあるみたいです。

新鮮味が無い・同じ事の繰り返し

新鮮味が無い

子供の頃って毎日のように新しい経験発見がありますよね?

でも大人になると新鮮味が無くなり、当たり前じゃなかった事が当たり前になってしまい、新しいものに出会えるチャンスが少なくなります。

同じ事の繰り返し

大人になると同じ事を繰り返す頻度が多くなります。

例えば、朝起きて⇒朝ごはん食べて⇒仕事行って⇒帰宅して⇒夜ごはん食べて⇒お風呂入って⇒寝る

みたいな感じです。
私の生活は、最近こんな感じですよね…

充実させたい…
そんな人は?

一日一日をより充実にさせるには?


新しい物事に取り組むことですね。
成長を感じられるような仕事や生活、上達を実感できるような趣味に取り組む事がお勧めです。

もう1年も終わります・・・
来年は目標をもって過ごしたいものですね。

私の目標は、ウルトラマラソン100km走る事です!!

みなさんは、来年の目標は立てましたか?



先週の9・10日に東京で行われた加圧トレーニング学会に出席してきました。

院長と理学療法士2名で発表もしてきました。

加圧トレーニング学会というだけあって、面白いものもみれました。


凄い!!
この方は、ボディービルダー80kg級で世界チャンピオンになった方です。

まぁ、加圧トレーニングだけでここまでなりません(笑)
栄養面も管理しているのでここまでの身体になるんですね。


院長が発表されている様子です。

題目「関節変性疾患に対する加圧トレーニング」

最終日の一番最後に発表されました。
お疲れさまでした!!


これは、皇居周辺の朝7時過ぎの様子です。

皇居といえば…走りますよね(笑)
院長と理学療法士の3人で朝早くから9km程走ってきました。

発表もあるというのに…
走りに来たのか、発表しに来たのか分からないですね(笑)

運動もして発表もして良い出張になりました。
ご協力して頂いた方々のおかげで無事終わる事が出来ました。
ありがとうございました。



久々のブログ更新になります。

先月の事になりますが10月5日に近江町交流プラザにて、当院の院長と部長が筋膜リリースの治療法について講演させて頂きました。

会場には、今までで最多の51人の参加だったみたいです‼️

この度はこのような貴重な機会を頂きましたことに、改めて感謝いたします。